スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

ガリレオ再度映画化【真夏の方程式】


真夏の方程式真夏の方程式
(2011/06/06)
東野 圭吾

商品詳細を見る

レビュー:☆☆☆

なぜか突然書きたくなったので丸2年ぶりの更新。
こつこつ書き溜めるかもしれないし、一瞬でやめるかもしれない。

これまではネタバレ厳禁にしてたけど、
そんなこといってたら何も内容に触れないものになってしまったので
思い切って(?)解禁します。一応隠すけど。
読んで思ったこと、感じたこと、ふと思い出したことなどを
変なこだわりとか縛りをつけずにつらつらと書いていこうと思います。
多少支離滅裂になっててもいいや。

そんな復帰後一発目の作品は、やっぱり大好きな東野圭吾さんの作品。
たまたま容疑者xの献身をDVDで観たあとに、本作品の映画化の情報を
これまたたまたまmixiニュースで発見。
しかも映画の撮影が静岡で開始とのこと。
というわけで読むしかない、と思った次第であります。


以下ネタバレ込み
舞台となるのは玻璃ヶ浦という海がきれいな街。
どんな場所かなとさっそくぐぐってみると

玻璃ヶ浦という場所は見つかりませんでした。



実在しないみたいですね。残念。

限られた時間んでダッシュで読んだせいか、
ネタバレするぞとかいいながらあんまり内容覚えてないけど
好きなシーンは湯川と恭平がペットボトルロケットの実験をするところ。
子供って、自分が「これは面白い!」と思ったものには
とことん興味を持つものだと思う。
作中の恭平が湯川になついていたのも、そんな一面があったからじゃなかろうか。
いつか俺もそんな"技"を見せられたらいいな。


さて、俺にできるのはいったいなんなんだろうか。



さらっと読み切ったのでこんな程度しか書けない。。。
映画観たら、もう一回原作読んでみよう。



夏休みを伯母一家が経営する旅館で過ごすことになった少年・恭平。
仕事で訪れた湯川も、その宿に滞在することを決めた。
翌朝、もう一人の宿泊客が変死体で見つかった。
その男は定年退職した元警視庁の刑事だという。
彼はなぜ、この美しい海を誇る町にやって来たのか…。
これは事故か、殺人か。湯川が気づいてしまった真相とは―。
スポンサーサイト
category
東野 圭吾
Relation Entry

Comment

あげまんJAPAN

0g77J911
あげまんってホントにいるんだって!
俺にもツキが回ってくるかも!!
http://G34ajFB9.agesage.me/G34ajFB9/
  • 2012⁄11⁄10(土)
  • 03:58
  • [edit]

Trackback

http://623p.blog70.fc2.com/tb.php/78-41660c55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。