FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

苦い思い出 【社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった そうか、「働くこと」「教えること」「本当のサービス」ってこういうことなんだ!】

社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった―そうか、「働くこと」「教えること」「本当のサービス」ってこういうことなんだ! (KOU BUSINESS)社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった―そうか、「働くこと」「教えること」「本当のサービス」ってこういうことなんだ! (KOU BUSINESS)
(2002/05)
香取 貴信

商品詳細を見る



ちょっとわけあって読む事となった一冊。
早速紐解いてみました。

タイトルにもある通り、

働くこと、教えること、本当のサービス

の3つをテーマに、かつてヤンキーだった著者が
自分の経験で学んだことを綴った本です。

著者自身の経験談に加え、その当時の著者の考え方、感情、姿勢が
併せて載せられているので、まっすぐに言いたい事が伝わってきます。
バイトをしていた頃の自分をなかったものにしたいと思うぐらい・・・。

最終的には「本当のサービスとはなんぞや?」という話になりますが、
サービス業に限らず、他の職種に携わっている方でも
参考になる部分は多いのではないかと思います。

私は未だバイト以外の就労経験はありませんが、
それでも非常に興味深い本でした。

--

いってみれば、このアトラクションはつくりものなんだよ。
ゲストもみんなわかってる。
でも、そのつくりものを本物として、一生懸命にやっている姿が、
ゲストにとっておもしろいし、価値を生むんじゃないかと俺は思うよ!!


今や子供から大人まで知らぬ者はいないであろう夢の国。
その舞台裏を垣間見ることができた気がします。

ミーティングとは話し合いでなにかを決めること。評論家はいらないんだ」。
東京ディズニーランドのアルバイトを通して、ヤンキー少年が社会人として成長し、
さらに企業の現場教育をするまでになった体験をまとめる。
スポンサーサイト
category
未分類
Relation Entry

Comment

Trackback

http://623p.blog70.fc2.com/tb.php/64-0d955945

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。