スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

上に立つ者に求められる資質 【ジェネラル・ルージュの凱旋】

ジェネラル・ルージュの凱旋ジェネラル・ルージュの凱旋
(2007/04/07)
海堂 尊

商品詳細を見る



著者の頭がいいのはわかるが、
もうちょっとストレートに文章を書けないものだろうか。
本作に限ったことではないのだが、所々かなり読みにくさを感じました。
この独特の文体も持ち味のひとつであるのはわかるんだけど・・・。
こう感じるのは俺だけなのかな?

と、いきなり偉そうに文句を言ってしまいましたが、
すいません、面白いのは確かです。

現役の医師だからこそ書ける内容ということもさることながら、
ストーリーのまとめ方や論理の構成という点でも、
非常に巧みで素晴らしいと思います。

うまく言葉にできないのがもどかしいですが、そんな感じです。
売れてるのも納得です。

--

読んでてホント疲れるんだけど、
(買ってから約10ヶ月。しばらく別の本を読んでました)
読了後はまた次の作品も読んでみたくなるから不思議。

気づけば自分が読んだ同著者の作品は本作で4冊目となりました。
なんだかんだ文句言いながらもはまってます。

しばらくしたら「イノセント・ゲリラの祝祭」も読んでみるつもりです。


桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、
伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、
不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。
それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着しているという、
匿名の内部告発文書だった。
病院長・高階から依頼を受けた田口は事実の調査に乗り出すが、
倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田による嫌味な介入や、
ドジな新人看護師・姫宮と厚生労働省の“火喰い鳥”白鳥の登場で、
さらに複雑な事態に突入していく。
将軍(ジェネラル・ルージュ)の異名をとる速水の悲願、
桜宮市へのドクター・ヘリ導入を目前にして速水は病院を追われてしまうのか…。
そして、さらなる大惨事が桜宮市と病院を直撃する。
スポンサーサイト
category
海堂 尊
Relation Entry

Comment

Trackback

http://623p.blog70.fc2.com/tb.php/53-b5eb3aa1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。