FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

書きかけだった記事をもう一件 【螺鈿迷宮】

螺鈿迷宮螺鈿迷宮
(2006/11/30)
海堂 尊

商品詳細を見る



Bravo! なデキだったと私は思いました!
「ナイチンゲール~」ではちょっとがっかりしましたが、
本書ではいい意味で期待を裏切られました。

真の闇を知って初めて真実を知ることができる



ある問題を解決するためにどこかで
妥協点を探す必要が出てくる場合が必ずある。

人物設定や台詞にやや違和感を感じるものの、
これでもかというぐらいに繰り広げられる
論理詰めの対決は、お見事という他無い。


--

時系列でみると「ジェネラル~」よりも後の作品であるということを、
巻末の書評で初めて知りました。
うっかり本作を先に読んでしまった自分は少し残念であります・・・。

またシリーズを通して同じ町が舞台であり、
登場人物も重なるため、そのあたりは少し注意がいるかも。


この病院は、あまりにも、人が死にすぎる――
日本の医療界を震撼させた「バチスタ・スキャンダル」から一年半。
その舞台となった東城大学に医学生として通う天馬は、
留年を繰り返し既に医学の道をリタイア寸前だった。
ある日、幼なじみの新聞記者・葉子から、
碧翠院桜宮病院に潜入できないかと依頼を受ける。
東城大学の近隣病院である桜宮病院は、老人介護センター、
ホスピス施設と寺院を一体化させた複合型病院であり、
終末医療の最先端施設としてメディアの注目を集めていた。
しかし、その経営には黒い噂が絶えないという。
天馬は葉子の依頼を受け、看護ボランティアとして桜宮病院に通い始める。
そのうちに、奇妙な皮膚科医・白鳥と看護師・姫宮と出会うことになり……。
スポンサーサイト
category
海堂 尊
Relation Entry

Comment

Trackback

http://623p.blog70.fc2.com/tb.php/43-f23f5974

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。