Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

男という生き物 【夜明けの街で】

夜明けの街で夜明けの街で
(2007/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野圭吾最新作の「流星の絆」を買おうと思い
意気揚々と行きつけの本屋へ。
するとまさかの売り切れ。
前日まで置いてあったのに・・・(´・ω・`)

ということでいずれ読もうと思ってた
この『夜明けの街で』を買ってみました。

--

不倫をテーマとしたミステリー。
「不倫する男なんて馬鹿だ」と思っていた
主人公(男)自身が不倫におぼれていくお話。

結末はまったく予想もしないものだったけど、
前に読んだ「宿命」のインパクトが強かったせいか
ややあっさりとした印象。
もうちょっと何かあってもいいかなー
という感じが否めなかった。

それにしてもこの本
未婚者の俺が言うのも厚かましいかもしれないが
男の本音が実によく表れてると思う。
「男ってこうだよね」と言いたくなる。
それに比べて女の頭のよさときたら・・・


渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、
去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが、
彼女は31歳だった。その後、僕らの距離は急速に縮まり、
ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。
しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。
両親は離婚し、母親は自殺。彼女の横浜の実家では、15年前、
父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。
殺人現場に倒れていた秋葉は真犯人の容疑をかけられながらも、
沈黙を貫いてきた。
犯罪者かもしれない女性と不倫の恋に堕ちた渡部の心境は揺れ動く。
果たして秋葉は罪を犯したのか。
まもなく、事件は時効を迎えようとしていた・・・。
スポンサーサイト
category
東野 圭吾

タイトルのとおりまさに宿命 【宿命】

宿命 (講談社文庫)宿命 (講談社文庫)
(1993/07)
東野 圭吾

商品詳細を見る


帯にこう書いてありました。

「ラストを先に読まないで下さい!」

こんなこと書かなくても
ラストなんて先に読まねーよとか思ってたけど、
わざわざ警告するだけのことはあるなと思った。

東野作品が好きで結構読んでるけど、
その中でも一番面白いと思った。
いい意味で期待を裏切られました。

読後の余韻がたまらない作品です。
あらすじ読んでちょっとでも気になった人は
是非読んでみることをオススメします。


高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった
男は、苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。
男の前に十年ぶりに現れたのは学生時代ライバルだった男で、
奇しくも初恋の女性の夫となっていた。
刑事と容疑者、幼なじみの二人の宿命が対決を果たすとき、
余りにも皮肉で感動的な結末が用意される。
category
東野 圭吾
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。