Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

テキトーではなく適当 【町長選挙】

町長選挙 (文春文庫)町長選挙 (文春文庫)
(2009/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る



「イン・ザ・プール」、「空中ブランコ」に続く
トンデモ精神科医・伊良部シリーズ第3弾。
本作はこれまでとは少し違い、エピソードの数は減っていますが、
その分1話1話が若干長くなっています。

気になってすぐに読んでみたはいいものの、
3作連チャンで読んだため流石に飽きてきたかもしれません。
本作では私はどの物語も終盤にきてだれてきてしまいました・・・。
そのため前2作の方が随分と読み易かったように感じます。
いくら気に入ったからって、一気読みはしない方がいいかも。


ただ誤解のないように言っておきますが、内容は面白いです。
ネタバレはしない方針と決めているので詳しい事は言えませんが、
これまでとは少し毛色の違う作品と言えるでしょう。

ただ神経疾患が治っておわり~ だけではなく、
もう少し突っ込んだところまで物語は続きます。

シリーズの良いところを残しつつ、
良い加減で昇華できていると感じました。



--

一人で勝ってると遊び相手がいなくなるよ


うまいこと言うな、と思った反面、
人にこう言われるぐらい貪欲に勝ちに行く姿勢は、寧ろ俺は見習うべきかも
とも思いました。

まるで自分が「お前はそれでいいのか?」と問いただされているよう・・・。


町営の診療所しかない都下の離れ小島に赴任することになった、
トンデモ精神科医の伊良部。
そこは住民の勢力を二分する町長選挙の真っ最中で、
なんとか伊良部を自陣営に取り込もうとする住民たちの攻勢に、
さすがの伊良部も圧倒されて…なんと引きこもりに!?
泣く子も黙る伊良部の暴走が止まらない、絶好調シリーズ第3弾。
スポンサーサイト
category
奥田 英朗

たまにこんな奴いる 【イン・ザ・プール】

イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
(2006/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


以前紹介した「空中ブランコ」のひとつ前の作品です。
面白かったので早速読んでみました。

イカレた精神科医のぶっとび具合は第1作目に既に完成されていた!
内容はそんな印象で、安心して楽しめました。
読む順番が逆だった点に関しても特に問題なかったです。

万人受けしやすそうな内容で、文章も平易なので、スラスラ読めます。
また現代小説の中でも話が短い方なので、すぐ読めると思います。
これから小説でも読んでみよっかなって人や、
深く考えずに手頃に楽しめる小説を探してる人におすすめです。

ちなみに私は読了後すぐ3作目の「町長選挙」を購入しました。
結構ツボってます。

--

映画化とかされたら面白いだろうなーと思ってたら
既に何作か実写化、さらに最近はアニメ化までされていたそうな。
前までは本を読む習慣自体がなかったから全然知らなかったな。

ここのところ原作を読んで映像化作品を観るというパターンが多いです。
1作品で2度おいしく、少し贅沢した気分になれます。

今度映像化作品もみてみよう。


「いらっしゃーい」。
伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、
甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。
そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。
プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、
治療する医者のほうがもっと変。
こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。
category
奥田 英朗

自分に素直に 【空中ブランコ】

空中ブランコ空中ブランコ
(2004/04/24)
奥田 英朗

商品詳細を見る



常識では考えられないトンデモ精神科医が
さまざまな患者の悩みを解決していくという物語。

読み始めこそ

「こんな精神科医なんているわけねぇじゃん」

と冷ややかな印象を抱いてしまったが、
読んでるうちにだんだんとクセになってきました。
思わず吹き出してしまう場面もあったので、
部屋の中で読んでてよかったです^^;

頭も体も固くなってるとロクなことにならない。
注射は程ほどにしてもらいたいが、
こんな精神科医がいるなら是非自分も診てもらいたい。
そんな風に思いました。

性格っていうのは既得権だからね。
あいつならしょうがないかって思われれば勝ちなわけ。


やってることは無茶苦茶なんだけど、知らないうちに納得させられてしまう。
慢性的な悩みごとを持っている人は読んでみるといいかもしれない。
作中の患者と同様に、泥沼から抜けられるヒントを得られるかも?

それ程分厚くもなくサクっと読め、そして面白い。
もちろん悩みごととは無縁の人でもオススメです。

--

本作は同著者の作品「イン・ザ・プール」に続くシリーズものとのこと。
気に入ったので、後日別の作品も読んでみようと思います。


人間不信のサーカス団員、尖端恐怖症のやくざ、ノーコン病のプロ野球選手。
困り果てた末に病院を訪ねてみれば…。ここはどこ?なんでこうなるの?
怪作『イン・ザ・プール』から二年。トンデモ精神科医・伊良部が再び暴れ出す。
category
奥田 英朗
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。